2019年【TH10】ルート作りが難しい対戦用の全壊対策陣

TH10

タウンホールを外に出したTH10全壊対策陣です。区画のややこしさはさることながらスペースの強弱が攻め難さの秘訣、な感じです。

完成図はこちら
2019年【TH10】ルート作りが難しい対戦用の全壊対策陣

歪なようでバランスが取れている配置

タウンホールこそ外に出ていますが、クラン城を中心にアチャクイ、挟むようにインフェルノタワー、対空施設も偏りなく配置しています。

アンバランスな区画や外周施設の所為で歪に見えますが、火力自体はバランスを考えてありますね。

外に出したテスラやトラップも非常に面白いと思います。

サザンクロス陣のような分かりやすい攻略法がある配置ばかり攻めていると、この手のタイプは苦戦するのではないでしょうか。

リプレイ動画でユニットの動きを確認

1本のリプレイはディガーラッシュ。ボマーで援軍を釣ってポイズンとベビドラ1体で処理するのは上手い攻め。

アチャクイとババキンでサイドを削ってディガーを展開しますが、途中でディガーが分裂してしまい、破壊率89%の星2つで時間切れ。ルート作りが難しい配置ですね。

ティガーラッシュ

穴掘り師ことティガーを多用したTH10以降の脳筋戦術。弱体化で姿を消したが見直し強化され楽しみな戦術になった。

2本目はバスターゴレホグ。12時をゴレウィズで削り、2時辺りからバスターとヒーロー。

援軍とアチャクイを処理して10方向からホグラッシュを展開しますが伸びきれず。

ルートができていなかったのでサージカル的に展開したのが裏目に出たのでしょうか。最終的には破壊率81%の星2つ。

ホグラッシュ

援軍処理を最小のユニット枠で済ませ、ホグライダーを展開させるTH8以降の最強戦術。面出し、2点出し、サージカルホグと展開のさせ方は様々。

2本目のホグパートをラヴァルにしたハイブリッド編成も最後まで届きませんでした。

序盤で援軍・アチャクイ・対空砲2本・クロスボウ2本折って、更にIT・エアスイを1本ずつ折ったのに破壊率77%の星1つ。

ハイブリッド

陸(ゴーレム、ウィズ、ヒーロー)と空(ラヴァハウンド、エアバルーン)の融合戦術。陸パートで援軍処理と対空砲を壊し、空パートを展開させるTH9以降の全壊戦術。

他にも何本もリプレイがありましたが、特に大きな事故もないのに全壊が取れない見事な配置ですね。

最後にクイヒーラヴァルで全壊されたリプが載ってあり、とても見応えのある動画でした。

TH10 War Base 2019 | 6 Replays CCL Base | Week 5 vs GOM + How To Beat It Replay

コメント