2018年【TH11】初見防衛率の高そうなリーグ戦向き配置

TH11

TH11の星1つ防衛を狙った対戦用配置です。一見どこにでもありそうな全壊対策陣ですが、初見が引っかかりそうな外出しのトラップが面白いですね。

完成図はこちら
2018年【TH11】初見防衛率の高そうなリーグ戦向き配置

初見を守りたい人向けのTH11全壊対策陣

中心はクラン城、イーグル砲、タウンホール。インフェルノタワーは12時と6時方面に離して配置しています。

おまけに入り込んだ区画に村一杯に広げた陣。昔からある全壊対策陣ですね。

この手のタイプは外周の設備を削っておくのが鉄則ですが、アーチャーやガゴで削られそうなことろにはテスラを、ベビドラには黒爆弾を、トラップ系を外に仕込んでいます。

分かっていれば対応されますが、初見なら結構な確率で引っかかるので面白い配置です。初見攻めが基本のリーグ戦向き配置であると言えます。

但し、イーグル砲と対空砲が固まっている箇所がレイジ+コウモリで狙われるかもしれません。

コウモリ戦術は最近流行っているので、対空砲の位置をずらすなり対策をした方が良いと思います。

リプレイ動画でユニットの動きを確認

まずはライドララッシュ。

12時方面をババキンとクインで削ろうとしますが、角テスラがババキンを落とします。

イーグル砲と対空砲を序盤で処理しようとライドララッシュを6時~9時から展開しますが、エアスイに何度も押し戻されTHまで届かず。

破壊率61%の星1つで防衛しました。

ライドララッシュ

新ユニットのライトニングドラゴンラッシュ。戦術的には未開拓だが高スペックユニットなので今後期待できる戦術の1つ。

2本目のリプレイは格上TH12のアタック。クイヒーからのジャイネクロボウラー。ディガーも16体と多めに持っていった配置に合わせた編成ですね。

9時方面からクイヒーと共に本隊を展開して12時のインフェルノタワーを狙いにいきます。

格上の突破力は凄い威力がありますが、破壊率92%まで伸ばしたところで終了。防衛設備を6個残しているので、全壊まで遠い印象です。

サービス終了編成

ジャイアント・ネクロマンサー・ボウラーを面出しするだけの全壊戦術。簡単で全壊率が高い為「クラクラのサービス終了」と言われ話題なった。

3本目は同じリプレイが間違って載っていたので割愛。

4本目最後のリプレイはクイヒーからのディガーラッシュ。

クイヒーが狙いとは反対方向に歩き、リカバーしきれなかった事故アタックですが、外出しのトラップに引っかかった狙い通りの防衛戦でした。

ティガーラッシュ

穴掘り師ことティガーを多用したTH10以降の脳筋戦術。弱体化で姿を消したが見直し強化され楽しみな戦術になった。

リーグ戦では是非参考にした配置です。