2018年【TH11】迷路系で突破兵器対策をしたクラン対戦用の配置

TH11

最近流行りのTH11対戦用配置です。似た様な配置が増えてきましたが、一風変わった工夫が凝らしてあるので紹介します。

完成図はこちら
2018年【TH11】迷路系で突破兵器対策をしたクラン対戦用の配置

施設を偏らせた迷路系のTH11全壊対策陣

中心部はクラン城とイーグル砲。タウンホールは外にこそ出ていませんが3時方面の外目に配置しています。星2つを狙われると取られますが、全壊狙いのアタックは星1つで防衛することが多いと思われます(※リプレイ参照)

全体的には3時から6時にかけて施設を密集させています。反対方面はすかすかですが、歪な区画を重ねています。この強弱が非常に攻め難いポイントになっていると思います。

対空砲は12時から3時にかけて3本並べ、9時に1本置いています。空も非常に回し難い配置ですね。

テスラの森は7時に植えています。一見意味の無さそうな場所ですが、ここに植えることにより全体的なバランスが取れているのだと思います。火力は分散していますが隙の無い配置と言えます。

リプレイ動画でユニットの動きを確認

リプレイ動画ではボウラーラッシュを破壊率73%の星1つで防衛。12時からクイヒー、9時をサイドカットして10時から突破兵器と共にボウラーが中に入っていきます。

イーグル砲を壊したところでジャンプを落としますが、多くのボウラーが反応せず外に出ていき、外周を回って終了しました。

ボウラーラッシュ

TH10から頻繁に見られる全壊戦術。ユニットのコントロールが多少難しがボウラーのスペックでゴリ押しできちゃう強編成。

2本目のリプレイはヒーローパートで援軍処理をしてからのホグラッシュ。サージカル気味に展開していきますが破壊率67%の星1つで防衛しました。

ホグラッシュ

援軍処理を最小のユニット枠で済ませ、ホグライダーを展開させるTH8最強戦術。面出し、2点出し、サージカルホグと展開のさせ方は様々。純粋なホグラッシュはTH8までしか通用しない戦術。

3本目のリプレイはディガーラッシュを破壊率56%の星1つで防衛。6時からクイヒーを展開してアチャクイと援軍処理を狙いにいきますが、テスラの森に釣られアチャクイが9時方向に歩いていきます。

とっさにプランを変更し、突破兵器と共に8時から中心部へ入り援軍処理までいきますが、25体のディガーでは勢いが足りなくあえなく撃沈しました。

ティガーラッシュ

穴掘り師ことティガーを多用したTH10以降の脳筋戦術。弱体化で姿を消したが見直し強化され楽しみな戦術になった。

残り4本目と5本目はホグラッシュ、6本目はボウラーラッシュのリプがありましたが、どれも星1つで防衛していました。

対戦相手は全て同じクランだったので、1度の対戦で5回星1防衛したと思われます。素晴らしい配置ですね。

コメント