2018年【TH9】ユニットの動きが読み難い迷路型の全壊対策配置

TH9

タウンホール9の対戦用全壊対策配置です。広めの区画を何個か離れて配置し、ユニットが迷うように壁を繋げています。たまにこの手の配置は見かけますね。全壊プランを立てるに苦労する配置です。

完成図はこちら
2018年【TH9】ユニットの動きが読み難い迷路型の全壊対策配置

強編成でも全壊できない。これぞ全壊対策

2時方面にタウンホールまで続く通路があるのが特徴でしょうか。慣れていない人は素直に中を通れませんし全壊プラン的にはおそらく不正解でしょう。

両ヒーローを離しておくのも全壊対策の特徴ですね。火力が分散されますが一気に潰せれないので陸攻めの相手には非常に有効な全壊対策の置き方です。

5時のウィザードタワーをターゲットにしたホグライダーで援軍を吊れそうですが隠しテスラが邪魔します。ホグ1体では援軍を出せません。初見殺しの隠しテスラです。

陸攻めで迷いそうなら空攻めならどうだと、リプレイ動画ではラヴァル編成を星1つで防衛しています。3回ありましたが全て星1空回しの相手に対しても高い防衛力のある配置ですね。

ラヴァル

通称LavaLoon。ラヴァハウンドとエアバルーンを用いた空攻めの全壊戦術。掃除役にガーゴイルを加えるのでラヴァルガゴとも言われる。ラヴァハウンドが使えるようになるTH9以降の戦術。

2つ目と3つ目のリプレイはクイヒーからのゴレホグ。援軍にはMAXレベルのボウラーという強編成ですがこちらも見事に星1防衛。2本ともヒーローレベルは低い相手でしたが煮干しもさせないナイス防衛でした。

6つ目辺りに援軍マックスゴレを入れたゴレホグのリプレイ動画もありました。0時方面からタウンホールまでの通路を選び何とかタウンホールを壊したけど星2つ。防衛設備もまだまだ残っている状態なので全壊にはまだ遠い煮干しです。

クイヒー

通称QueenWalk。アーチャークイーンにヒーラーを4~5体付けて展開するメジャーな戦術。配置次第では多数の設備を壊しながら練り歩く。


ゴレホグ(ゴレウィズホグ)

通称GoWiHog。援軍処理とホグライダーが苦手な巨爆やバネトラップの解除をゴレウィズパートで展開し、ホグラッシュで全壊を狙う王道戦術。TH8終盤から見られる。

バルキリーを混ぜたゴレホグもありましたが煮干し止まり。こうなったら全壊リプレイも見たかったなと思う完成度の高い配置でした。

コメント