2019年【TH9】攻め難い要素を詰め込んだクラン対戦用配置

TH9

横長で施設が偏ったTH9対戦陣です。アプデ前の古い配置ですが、区画の作りやテスラの位置がとても面白いので紹介します。

完成図はこちら
2019年【TH9】攻め難い要素を詰め込んだクラン対戦用配置

細長い区画をしたTH9全壊対策陣

TH9守りの要であるクロスボウ2機とアチャクイを横に並べ、大砲区画・対空砲区画・ウィズ塔区画・アチャ塔区画と分けた、偏り過ぎな対戦陣です。

区画は横に長く、攻め難い陣をしています。テスラやトラップも面白いですね。お好みで動かしても良いと思います。

コウモリが使えないTH9ではまだまだ有効な偏りです。

リプレイ動画でユニットの動きを確認

まずは早上げTH11のラヴァル編成。9時方面から展開するもバルーンがラヴァハウンドに追いつけず、ラヴァルがノーガードに。70%の星1つでアタック終了。

レベルの低いラヴァルでしたがお見事。

ラヴァル

通称LavaLoon。ラヴァハウンドとエアバルーンを用いた空攻めの全壊戦術。掃除役にガーゴイルを加えるのでラヴァルガゴとも言われる。ラヴァハウンドが使えるようになるTH9以降の戦術。

続いて突破兵器を使わないTH10。クイヒーにジャイウィズ+ボウラーというマルチっぽい編成。

1本目と同じく9時方面からクイヒー、ジャイウィズにボウラーを展開。中心にさしかかるところで防衛援軍のバルーンが出てきてジャイアントが溶かされます。最後にアーチャーでTHを削りなんとか星2つ。

少々未熟なアタックでしが格上の防衛はお見事でしょう。

ジャイウィズ

体力のあるジャイアントを盾にして攻撃力のあるウィザードで施設を破壊する戦術。低TH帯ではクラン対戦で、高TH帯でもマルチで使われるクラクラの基本戦術の1つ。

3本目は中央の対空砲区画から狙ったTH10ラヴァル編成。脅威である対空砲ゾーンを全力で壊すも、9時方面の施設を残して破壊率83%の星2つ。

4本目は援軍にボウラーを入れたTH9のゴレホグ戦術。

12時方面からゴレウィズ+ボウラーを使い面で展開してしていきますが、消費した枠に比べて施設が破壊できず、ホグライダーも伸びず、破壊率76%の星2つ。

横に伸ばした陣は展開が難しいようです。

ゴレホグ(ゴレウィズホグ)

通称GoWiHog。援軍処理とホグライダーが苦手な巨爆やバネトラップの解除をゴレウィズパートで展開し、ホグラッシュで全壊を狙う王道戦術。TH8終盤から見られる。

5本目は同格のラヴァル編成。1本目と同じく9時方向から展開しますが、同じくバルーンがラヴァハウンドに追いつけない状況に。破壊率51%の星1つで終了。

全体的に甘いアタックが多いリプレイでしたが、非常に攻め難い配置です。