2018年【TH9】脳筋戦術に滅法強い対戦用の全壊対策配置

TH9

タウンホールを外に出すタイプのTH9対戦用配置です。アプデ前のものですが脳筋戦術を防衛しまくっていたので紹介します。

完成図はこちら
2018年【TH9】脳筋戦術に滅法強い対戦用の全壊対策配置

バランスを崩した配置の全壊対策陣

中心のクラン城。クロスボウとエアスイーパーは規律よく配置していますが、それ以外の施設は一見バラバラで左右非対称になっています。

とはいえ適当に配置しているわけではなく、対空砲には大砲、アチャ塔にはウィズ塔と、フォローし合える相性の良い防衛設備をセットにしています。

アーチャーなどで削れる部分も多く、トラップの位置さえ分かれば全壊プランは立てやすいタイプの配置だと思います。

ガチクランではおそらく通用しませんが、野良対戦では結構防衛できそうな印象受けます。

リプレイ動画でユニットの動きを確認

リプレイ動画では格上TH10からのディガーラッシュを星1つで防衛。3時から6時の面出しで展開し、防衛援軍はヒーローで上手に処理します。

脳筋で出されたディガー達はストレージ施設に足止めを食らう者、中央で集中砲火される者、外周をひたすら削る者と別れ、結局破壊率は56%までしか伸びず終了しました。

ティガーラッシュ

穴掘り師ことティガーを多用したTH10以降の脳筋戦術。弱体化で姿を消したが見直し強化され楽しみな戦術になった。

2本目のリプレイはラヴァル編成を破壊率70%の星2つで防衛。3時からヘイストとバルーンで援軍を釣りだそうとしますが、エアスイとテスラに邪魔をされ釣れません。

スーサイドを諦め12時3時の面出しでラヴァルを展開。防衛援軍のベビドラはパピーで処理できましたが多くの防衛設備を残し全てのバルーンが落とされます。援軍処理用のヒーローでTHを壊して何とか星2つ付けたアタックでした。

5本目のリプレイに最初から釣り出しをしないラヴァル編成のアタックがありましたが、同じような展開になりそちらも89%の星2つでした。

ラヴァル

通称LavaLoon。ラヴァハウンドとエアバルーンを用いた空攻めの全壊戦術。掃除役にガーゴイルを加えるのでラヴァルガゴとも言われる。ラヴァハウンドが使えるようになるTH9以降の戦術。

3本目のリプレイは3時と6時から展開したネクヒーを破壊率71%の星1つで防衛。両ヒーローがストレージに釣られて12時方面にそれた時点で星1つは確定した感じです。

ネクヒー

HPの少ないネクロマンサーにヒーラーをつけたTH9以降の戦術。ネクロ数体にヒーラー2対を付けてサイドカット兼外周削りに使う。中心部はゴレウィズとヒーローを展開させていくのが主流。

4本目のリプレイは援軍にボウラーを入れたハイブリッド戦術。陸パートで援軍とヒーローを処理しますがほ、とんどの対空施設を残してしまい空が全く伸びず破壊率49%の星1つで終了。終盤にギブアップしなければ星2つ伸びたアタックでした。

ハイブリッド

陸(ゴーレム、ウィズ、ヒーロー)と空(ラヴァハウンド、エアバルーン)の融合戦術。陸パートで援軍処理と対空砲を壊し、空パートを展開させるTH9以降の全壊戦術。

施設のアンバランスさが脳筋戦術から防衛するコツなのでしょうか。勉強になりました。