2019年【TH11】区画多めTHやや外目の対戦用配置

TH11

TH11のアンバランスな対戦陣です。この手の配置が意外と防衛数を伸ばしたりしますよね。

完成図はこちら
2019年【TH11】区画多めTHやや外目の対戦用配置

適当に配置したようで考えてある全壊対策

中心はクラン城とイーグル砲。タウンホールは6時方面やや外目にあり、突破兵器が使い難くなっています。

歪で大小様々な区画の所為で適当に作ってあるように見えますが、防衛設備はバランス良く配置しています。

また、外壁が凸凹しているとWBが使い難かったり、ユニットがそれ易くなります。クイヒーを歩かせるには上級者向けの配置ですね。

クイヒー

通称QueenWalk。アーチャークイーンにヒーラーを4~5体付けて展開するメジャーな戦術。配置次第では多数の設備を壊しながら練り歩く。

ちなみにインフェルノタワーは、タウンホール側はシングル、ババキンと同じ区画にあるものはマルチに設定しています。

リプレイ動画でユニットの動きを確認

まずはディガーラッシュのリプレイが載っていましたが、少々お粗末なアタックの為割愛。破壊率37%の星1つで防衛しています。

ティガーラッシュ

穴掘り師ことティガーを多用したTH10以降の脳筋戦術。弱体化で姿を消したが見直し強化され楽しみな戦術になった。

2本目のリプレイはクイヒーからのラヴァル編成。

6時からクイヒーで援軍とアチャクイを狙いにいきますが、火力の高さに負けてレイジ2発とウォーデンの特殊能力を使わされます。

なんとか処理して9時~12時でラヴァルを展開しますが、エアスイに押し戻されーのイーグル砲に撃たれーのスケトラにチクチクされーので47%の星1つ。

ラヴァル

通称LavaLoon。ラヴァハウンドとエアバルーンを用いた空攻めの全壊戦術。掃除役にガーゴイルを加えるのでラヴァルガゴとも言われる。ラヴァハウンドが使えるようになるTH9以降の戦術。

左右対称陣とは違う攻め難さのある配置です。

'SPECIAL' TH11 WAR BASE 2019 (Layout) ✅ NEW TOWN HALL 11 WAR BASE Anti 2 Star Anti Queen Walk PROOF

コメント