クラクラ【TH10】升目に回廊型を取り入れた対戦配置(コピー可)

TH10

回廊要素を取り入れた升目系のTH10の全壊対策陣です。この配置は文中のリンクによってコピーできます。

完成図はコチラ

TH外出しで全壊対策した対戦配置

中心はクラン城とクロスボウ・エアスイをそれぞれ2機ずつ配置した区画。

9つの区画の中に防衛設備をバランス良く配置して、余った壁でグルっと1周、回廊型の発想も取り入れています。

インフェルノタワーはマルチ設定にして3時・9時の割と外目に置いています。

2本の位置を離す全壊対策はよく見る方法ですね。

タウンホールは6時外。テスラを森にしていますが6時からウィザードだけで落とされます。

全壊対策を重視した仕様です。

リプレイ動画で配置の強さを確認

1本目のリプレイはペッカを入れたビッチ編成。展開面は12時~3時。

バルキリーを使ってサイドカットをして真ん中からウォールバスターで中に入っていきますが、アチャクイを含めた大半のユニットが回廊します。

わざかに中心部へ入ったユニットも防衛援軍にやられ、タウンホールまで伸びず76%の破壊率で終了

ビッチ(Bitch)

ボウラーとネクロマンサー(英名witch)を組み合わせた強編成。高THの中では比較的簡単でラッキー全壊もある戦術なので愛好者も多い。

2本目のリプレイはジャイ・ウィズ・ネクロ・ペッカ・ディガーの陸軍アラカルト編成。

数体のウィザードでタウンホールを破壊して、12時方向から一気に展開。破壊率73%の星2つと割と善戦したように見えますがIT2本を残した全壊には遠いアタックでした。

3本目のリプレイはクイヒーディガー。2時からクイヒーをバスターで中に入れて援軍処理→3時方向からディガーをスタート。

ユニットの無駄使いが響いて破壊率94%まで伸ばしたところで惜しくも時間切れ。なぞれば全壊が狙えそうなアタックでした。

TH10から始めよう最強戦術クイヒーディガー
TH10の全壊編成クイヒーディガーの紹介です

4本目のリプレイはヒーラーを入れたサービス終了を2時~3時の狭い面出しで展開します。

回廊型にジャイネクロボウラーは合っていますがマルチ設定のインフェルノタワーが相性良くないですね。

破壊率97%まで伸ばすも9時のインフェルノタワーまで伸びず終了。こちらも惜しいアタックでした。

サービス終了編成

ジャイアント・ネクロマンサー・ボウラーを面出しするだけの全壊戦術。簡単で全壊率が高い為「クラクラのサービス終了」と言われ話題なった。

5本目最後のリプレイは6時からほぼ点出ししたドラゴンラッシュ。ボマーに入れたライドラが活躍して87%の星2つまで伸ばしますが多分全壊は無理な編成。

ドラゴンラッシュ(ドララッシュ、ドララ)

ドラゴンを面出しして焼き払うTH8中盤までは最強戦術。援軍にエアバルーンを入れてくる場合が多い。ライトニングの呪文で対空砲を折る天災ドラゴンラッシュ(天ドラ)などがある。

事故アタックのない見事な全壊対策でした。

配置コピー

New Best Th10 War Base Layout 2019 | Tested in CWL | Defense against BoWitch, Miner | Clash of Clans

コメント