クラクラ【TH10】対戦配置TH外出しの全壊対策陣-2019

TH10

タウンホールを外に出したTH10対戦陣です。

区画の作りやストレージ施設の置き方を見ると、全壊編成が限られそうな感じですね。

ちなみに日本のTH10フレチャクランで何度も防衛成功している配置です。

完成図はコチラ
クラクラ【TH10】対戦配置タウンホール外出しの全壊対策陣-2019

配置コピー

クラクラ【TH10】TH外出しの全壊対策配置

中心はクロスボウ。クラン城が少し左に寄っているのはバスター対策だと思います。

ウォールバスターを狙うなら10時辺りになりますが、9時方向はカットに時間がかかるようにストレージ施設の山。

ベビドラで削りに来ても黒爆弾が4つという鬼仕様。誰もが考えそうなプラン対策していますね。

インフェルノタワーは12時と6時方面。クロスボウは3機並べて、対空砲もTH9の空対策のような配置をしています。

テスラの森がある8時方面がやや火力が高いですが、基本的には火力の偏りは少ないと思います。

ただしトリッキーな仕様が多々あるので、好みが別れそうな配置ですね。

レイアウトエディターに1枠キープしてフレチャすると盛り上がるかもしれません。

リプレイ動画で配置の強さを確認

まずは同格のゴレホグ編成。9時~12時でゴレウィズ、10時辺りからバスターで中に入れていきます。

援軍を処理した後、12時からホグパートを展開していきますが、3時ババキン辺りでほとんどのホグが溶けてしまっていました。

ホグ28体にヒール4つと決して少なくない数でしたが、ホグが散ってしまったのが原因かもしれません。破壊率91%の星2つ。

ゴレホグ(ゴレウィズホグ)

通称GoWiHog。援軍処理とホグライダーが苦手な巨爆やバネトラップの解除をゴレウィズパートで展開し、ホグラッシュで全壊を狙う王道戦術。TH8終盤から見られる。

2本目と3本目もゴレホグで、なぞったりホグの数を増やしたりチャレンジが続きますが似たような結果で終了。

4本目はクイヒーボウラーからのホグラッシュ。3時から展開したクイヒーを12時方向に歩かせますが、ボウラーと合流しなかったのが残念。

破壊率77%の星1つでしたが上手くいけば全壊が狙えたかもしれないプランでした。

5本目はサイドネクヒーの12時~3時面出しボウラーラッシュ。

気になる編成でしたが2本のインフェルノタワーに阻まれ破壊率69%の星1つ。はやり奥まで届きません。

ネクヒー

HPの少ないネクロマンサーにヒーラーをつけたTH9以降の戦術。ネクロ数体にヒーラー2対を付けてサイドカット兼外周削りに使う。中心部はゴレウィズとヒーローを展開させていくのが主流。

その他、クイラヴァやバルキリー編成など様々なアタックがありましたが、THの反対側から面展開するとほぼ星1つ。星2つを狙って全壊ワンチャンでアタックすると案の定星2つという防衛ばかりでした。

格上のアタックは防衛できないでしょうけど、リーグ戦で使っても面白いかもしれません。

Coc | Th10 Best Anti 3 Star War Base | Anti Hog/Queen Walk/Miner/LaLoon/BoWitch/Pekka | Replay's

コメント