2019年【TH10】フレチャクランで話題の全壊対策陣

TH10

タウンホールを外に出したタイプの全壊対策陣です。日本のフレチャ専用クランで防衛しまくっている配置です。

完成図はこちら
2019年【TH10】フレチャクランで話題の全壊対策陣

区画を分割した全壊対策配置

タウンホールは9時側の区画外にあるのでTH9のアタックでも星2つは狙われそうですが、全壊を取るとなるとかなり難しい配置です。

まずはお馴染みバスターを使っての援軍とアチャクイの処理を対策しています。

区画は細かく分割している上に外周の施設が多いので、無暗に攻めるとユニットが分散したり思わぬ方向に進みます。

ITやクロスボウなど主要な防衛設備は各所に散らしているので極端に火力の高い場所はありませんが、一気に破壊されることがないので安定した防衛力があります。

リプレイ動画でユニットの動きを確認

まずは強編成クイヒーホグラッシュを破壊率60%の星1つで防衛しています。

アチャクイの反対側8時方向からクイヒーとバスターと使って援軍処理。12時からホグパートをスタートしますが、スケトラと防衛のアチャクイに捕まりあっけなく撃沈。

序盤でアチャクイの処理まで伸ばそうとしたのか。プランが甘かった感じもしますが、突破兵器が使い難い配置では珍しくない防衛戦です。

ホグラッシュ

援軍処理を最小のユニット枠で済ませ、ホグライダーを展開させるTH8以降の最強戦術。面出し、2点出し、サージカルホグと展開のさせ方は様々。

2本目のリプレイはゴウィバとホグラッシュを混ぜた編成。

9時方向からバスターとゴウィバで援軍処理、更にアチャクイまで伸ばそうとしますがはっぱり伸びず。というか全てのバルキリー外周にそれてしまいます。

援軍は処理したものの施設を多く残した状態でのホグパートが伸びず破壊率76%の星1つ。

ゴレバル(ゴウィヴァ)

通称GoWiVa。ゴーレムとウィズにバルキリーを加えた戦術。よほどミスをしなければ安定した星2、全壊ワンチャンが見える強編成。

3本目はクイヒーと裏ホグを混ぜたジャイネクロボウラー。10時クイヒー12時本隊で展開しますがクイヒーが9時方向に流れてしまいます。

ウォールバスターを使った本隊がTHを落としますが76%の星2つで終了。ユニットがばらけやすい配置ですね。

サービス終了編成

ジャイアント・ネクロマンサー・ボウラーを面出しするだけの全壊戦術。簡単で全壊率が高い為「クラクラのサービス終了」と言われ話題なった。

4本目は全壊編成でも最強と名高いクイヒーディガーのアタック。

9時方面からクイヒーでTH・アチャクイ・援軍を処理します。その後6時方面に歩き出すのでロックボマーを同行。かなり上手なプレイヤーで序盤のパートで50%施設を破壊します。

が、12時から展開したディガーパートが伸びきれず84%まで破壊したところで終了。

途中でアチャクイが落ちてしまったのが原因でしょうか。惜しいアタックでした。

ティガーラッシュ

穴掘り師ことティガーを多用したTH10以降の脳筋戦術。弱体化で姿を消したが見直し強化され楽しみな戦術になった。

他にも陸空問わずリプレイが載っていましたが余りに多いので割愛します。大きな事故もなく防衛しているので防衛力はかなり高いと思います。

Coc | No.1 Th10 Anti 3 Star War Base | ANTI-GOLEM VALL HOG-BOWITCH-LAVA LOON-QUEEN WALK |10 Replays

コメント