TH10

2018年【TH10】とても秀逸な回廊型配置

投稿日:2018年6月10日 更新日:

格上からのアタックも防衛しまくったTH10の対戦用配置です。回廊型を作るなら今回のようなものがオススメです。

完成図はこちら(TH11の色ですが施設数はTH10のものです)
2018年【TH10】とても秀逸な回廊型配置

面白いようにユニットが回る回廊型配置

今回の配置の最大のポイントは中心部でしょうか。タウンホール・クラン城・インフェルノタワー・隠しテスラを入れて最大限区画を広げています。

こうすることにより、多少サイドカットをしたところでユニットは中心部に向かわず、インフェルノタワーからの攻撃を受けながら回廊する羽目になります。

ウィザードタワーの位置もいいですね。簡単にウォールブレイカーで穴を開けさせない位置に配置しています。

防衛リプレイで回廊っぷりを観てみよう

リプレイ動画では格上TH11のティガーラッシュを破壊率84%の星1で防衛しました。他にもヒーローがアチャクイのみのというTH11ティガーラッシュのリプレイ動画がありました。回廊せずにコントロールできましたが63%の星2つで防衛。ティガーというマニアックな選択、ヒーロー不在とはいえ格上からの見事な防衛です。

ティガーラッシュ

穴掘り師ことティガーを多用したTH10以降の脳筋戦術。ティガーの弱体化が進み今ではあまり見かけなくなった。

TH10の回廊型といえばクイヒーからのジャイボウラー戦術。2つ目のリプレイ動画は回廊型を意識した格上TH11のジャイボウラー。しかし中心部にジャンプを打つもユニットが反応せず回ってしまう結果に。破壊率60%の星1つの天晴な防衛です。

ジャイボウラー

体力&攻撃力のあるジャイアントに攻撃範囲の広いボウラーを組み合わせた強編成。ヒーラーを付けて延命させるとジワジワと確実に施設を破壊して歩く。

対回廊戦術のバルキリーラッシュのリプレイ動画もありました。12時方面からアースクエイクで中心部に穴を開けゴレウィズ部隊で援軍処理。上手な展開でしたがバルキリーが回ってしまい破壊率73%の星1つで終了。

ゴレバル(ゴウィヴァ)

通称GoWiVa。ゴーレムとウィズにバルキリーを加えた戦術。よほどミスをしなければ安定した星2、全壊ワンチャンが見える強編成。

上記にペッカを混ぜた戦術もリプレイにありました。バルキリーとペッカ両方回って94%の星1つという面白い防衛戦でした。陸攻めできたらほぼユニットが回廊していますね。

ゴワイプ

通称GoWiPe。ゴレウィズにペッカを加えたHT8の全壊戦術の1つ。TH9以降は見かける機会が少ないが星2獲得戦術としては安定している。

空攻めの防衛はどうなのでしょうか?TH11からのラヴァルを星2つで防衛していました。ヒーローレベルが低い攻め手でしたが格上ラヴァルを破壊率63%に押さえるとはお見事です。

援軍を吊り出し失敗したラヴァルが破壊率25%の星0で終わったリプレイもありました。秀逸なオチが付いた防衛リプでした。

ラヴァル

通称LavaLoon。ラヴァハウンドとエアバルーンを用いた空攻めの全壊戦術。掃除役にガーゴイルを加えるのでラヴァルガゴとも言われる。ラヴァハウンドが使えるようになるTH9以降の戦術。

日本戦だと余り見られなくなった回廊型ですが、海外との野良対戦だとまだまだ流行っている理由が分かった気がします。最近回廊型にしてないなーと思った方はいかがでしょうか?

アドセンス




アドセンス




-TH10
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。