2018年【TH10】突破兵器対策したクラン対戦用の全壊対策陣

TH10

TH12で流行っているタイプのTH10バージョンです。突破兵器が当たり前の環境の方は是非参考にしてみて下さい。

完成図はこちら
2018年【TH10】突破兵器対策したクラン対戦用の全壊対策陣

TH10でもできる突破兵器対策

突破兵器対策自体は難しいことではありません。中にいる援軍に主要な防衛設備を一掃されないように、イーグル砲やインフェルノタワーは同じ区画に入れない。

致命的な一本道を作らせないように壁を厚くしたり、狙われそうなところのサイドカットをしにくくする、など、突破兵器を有効に利用させないように配置を工夫します。

かと言って狙いすぎると普通に全壊取られるお粗末な配置になり兼ねないのですが、そこが配置の難しさでもあり面白さでもあります。

丁度いい塩梅なのが今回の配置ではないでしょうか。タウンホール側は守備が薄いので星2つは取られると思いますが、インフェルノタワーは12時と6時側に分けてあり、9時側はかなりの数の防衛設備を密集させています。

どこから突破兵器を展開されても厄介な区画が2つ残り、突破兵器対策として壁の層が厚いので、進軍を遅くすることができます。

TH12ではこの手の配置がとても多く採用されているので、TH10でもかなり有効なのではないでしょうか。

リプレイ動画でユニットの動きを確認

リプレイ動画では格上TH11のビッチ編成を破壊率92%の星2つで防衛。THの反対側から展開し、特に大きな事故もなく上手なアタックでしたが12時ITの区画を残す結果になりました。

ビッチ(Bitch)

ボウラーとネクロマンサー(英名witch)を組み合わせた強編成。高THの中では比較的簡単でラッキー全壊もある戦術なので愛好者も多い。

2本目のリプレイも格上からのアタックを87%の星2つで防衛します。戦術はTH側から展開したウィザード多めのゴレウィズバルキリー。クエイクで壁を壊して力技で全壊を狙いにいきますが中心部付近でばらけ、HPが高いバルキリーがどんどん溶けていきます。

グランドウォーデンの能力を使うタイミング次第では全壊を狙えたかもしれませんが、バルキリーが先行し過ぎてピキーンできない展開でした。配置勝ちと言ったところでしょうか。

ゴレバル(ゴウィヴァ)

通称GoWiVa。ゴーレムとウィズにバルキリーを加えた戦術。よほどミスをしなければ安定した星2、全壊ワンチャンが見える強編成。

3本目のリプレイも格上TH11からのアタックを破壊率80%の星1つで防衛しました。援軍を吊り出して3時側でクイヒーで処理し、反対側9時からビッチを展開していきます。

序盤で時間を使い過ぎて焦ったのでしょうか、サイドカットができず多くのユニットが外周を回る展開になり、結果は星1つ。

4本目最後のリプレイはTH11のドラゴンラッシュ。対空砲をライトニングで2本を折るまでは良かったのですが、グランドウォーデンをドラゴンではなくヒーロー部隊に付けて展開していきます。

プラン通りなのか間違えたのか分かりませんが、いかにHPの高いドラゴンでも回復できなければまぁ当然の結果でしょうか。

ドラゴンラッシュ(ドララッシュ、ドララ)

ドラゴンを面出しして焼き払うTH8中盤までは最強戦術。援軍にエアバルーンを入れてくる場合が多い。ライトニングの呪文で対空砲を折る天災ドラゴンラッシュ(天ドラ)などがある。

4本全て格上からのアタック。星2つ取られていますが見事な防衛戦だと思います。

コメント