2019年【TH12】星1つ防衛を狙ったクラン対戦用配置

TH12

THを隔離させたTH12対戦用配置です。星2つ狙いが多いリーグ戦向きじゃないかなと思います。

完成図はこちら
2019年【TH12】星1つ防衛を狙ったクラン対戦用配置

施設の配置で回廊させる分割型配置

3時と9時は分割して、3つの区画で構成されています。

中心はタウンホール。かなりスペースを取っていますね。

その分、周囲の施設は密集しているので、ユニットが回廊する動きをします。

特に空軍はよく回ると思います。

12時のイーグル砲がバスターとババキン・アチャクイで狙えるので、若干修正した方が良いかもしれません。

リプレイ動画でユニットの動きを確認

まずは12時から展開したクイヒーからのジャイボ編成。

ジャイウィズで軽くサイドカットをしてバスターで中に入れていきます。

クイヒーで援軍を処理した後、本隊のジャイボを12時から展開しますが、ジャイアンが区画の中に入ったものの全てのボウラーが3時方向にそれてしまいます。

外周施設は削りますが、誰もタウンホールにターゲットを取らず、破壊率68%の星1つで終了。

ジャイボウラー

体力&攻撃力のあるジャイアントに攻撃範囲の広いボウラーを組み合わせた強編成。ヒーラーを付けて延命させるとジワジワと確実に施設を破壊して歩く。

2本目のリプレイはバスターを使ったライドララッシュ。

バスターとババキン・アチャクイ・ウィズ2体で12時の区画を破壊します。

イーグル砲と2本の対空砲が折られたので全壊されると思いきや、まさかの星1つ。

6時方向から展開したライドラ(&バルーン)はタウンホールに向くことなくそれていきます。こちらも破壊率68%。

ライドララッシュ

新ユニットのライトニングドラゴンラッシュ。戦術的には未開拓だが高スペックユニットなので今後期待できる戦術の1つ。

3本目はクイヒーからのラヴァル編成。

6時から展開したクイヒーが9時に歩き始め、援軍処理をしないままラヴァルを9時から展開。

結果は79%まで破壊するも援軍のライドラに全てのバルーンを落とされます。

クイヒーが上手く3時方向に歩いてもTHを落とせたか微妙な残り方をしていました。

ラヴァル

通称LavaLoon。ラヴァハウンドとエアバルーンを用いた空攻めの全壊戦術。掃除役にガーゴイルを加えるのでラヴァルガゴとも言われる。ラヴァハウンドが使えるようになるTH9以降の戦術。

最近はサザンクロス陣を使う人ばかりですが、今回の配置もかなり防衛率が高そうです。

TH12 BEST UNBEATABLE WAR BASE 2019 WITH 3 REPLAYS | TH12 BEST CWL WAR BASE – Clash of Clans

コメント