2018【TH9】初見防衛率が高そうな対戦用配置

TH9

いびつな形をしたTH9の全壊対策配置です。タウンホールを外に出しているので星2つは取られますが全壊を取られないようにしています。

完成図はこちら(TH10の色ですが施設数はTH9です)
2018【TH9】初見防衛率が高そうな対戦用配置

初見なら星0も?全壊対策した対専用配置

外に出したタウンホール側から攻めれば星2つは取られますが、反対側の9時方面から攻めてくれば星1つ、初見なら破壊率50%未満で防衛できそうな配置です。

ポイントは9時のテスラ森でしょうか。ババキンそして裏にクロスボウもあるので相当火力の高い区画になっています。

反対側のタウンホール側にいるアーチャークイーンも攻め手側からしたら非常にやっかいですね。まさに全壊対策陣といった配置です。

リプレイ動画では援軍ボウラーを入れたゴレホグ戦術。2時方面から展開していきましたが防衛施設を残した形で71%の星2つ。2本目もなぞる形でしたが同じように70%の星2つ。

ゴレホグ(ゴレウィズホグ)

通称GoWiHog。援軍処理とホグライダーが苦手な巨爆やバネトラップの解除をゴレウィズパートで展開し、ホグラッシュで全壊を狙う王道戦術。TH8終盤から見られる。

3本目のリプレイ動画も援軍ボウラーを入れたゴレウィズとラヴァルのハイブリッド戦術を84%の星1防衛。9時方面から攻めてきたのでタウンホールまで辿り着けませんでした。テスラ森に驚いて空パートも9時から出してしまった印象です。

ハイブリッド

陸(ゴーレム、ウィズ、ヒーロー)と空(ラヴァハウンド、エアバルーン)の融合戦術。陸パートで援軍処理と対空砲を壊し、空パートを展開させるTH9以降の全壊戦術。

事故った様子もない強編成を全壊させないのは良くできていると思います。

コメント