2018年【TH10】突破兵器対策を良く考えてある対戦用の配置

TH10

タウンホールを外に出したTH10対戦用配置です。この手の配置は突破兵器の使い方でプラン練りに時間がかかって面倒臭いですね。

完成図はこちら
2018年【TH10】突破兵器対策を良く考えてある対戦用の配置

突破兵器を有効に使わせない配置とは

TH10でも突破兵器が当たり前に使われるようになりました。重要な設備を中心に置くだけでは防衛するもの難しくなり、突破兵器が登場して以降、配置のパターンも大きく変わったと思います。

その中で最も多く使われるのがタウンホールを外に出したタイプの配置。昔から全壊対策として存在していましたが、更に突破兵器を使われても全壊ができないように工夫がされています。

今回の配置は9時のインフェルノタワーとアチャクイが狙えますが、防衛援軍が処理できません。反対に防衛援軍を狙うとアチャクイが処理できません。両方処理するとなるとそれなりにユニットを使った綿密な全壊プランが必要になってきます。

対空砲とウィズ塔の位置関係も空が非常に回し難いようになっています。ウィズ塔とインマルチ設定のフェルノタワーがある中心部はヒール1つで乗り切るのは難しいでしょう。

陸軍も攻め難い区画の形をしていますね。どこから展開しても壁を殴りそうな配置をしています。

リプレイ動画でユニットの動きを確認

リプレイ動画ではウィズをボウラーにしたゴレホグを破壊率60%の星1つで防衛。3時からクイヒーで援軍とアチャクイの処理を狙いにいきますが、ヒーラーを出した途端対空砲に撃たれます。

シングルのインフェルノタワーは折れましたがアチャクイと援軍が処理できなかった事故リプレイでした。

ゴレホグ(ゴレウィズホグ)

通称GoWiHog。援軍処理とホグライダーが苦手な巨爆やバネトラップの解除をゴレウィズパートで展開し、ホグラッシュで全壊を狙う王道戦術。TH8終盤から見られる。

この1本だけでは何とも言えませんが、ダメ元で9時から出したホグも散らばっていたので、事故らなくても厳しアタックになったのではないかと思います。

コメント