2018年【TH12】お手本のような偏らせ系の対戦用配置

TH12

TH12施設を密集気味にした対戦用配置です。先日アップデートされた3本目のインフェルノタワーとトルネードトラップには対応していませんm(__)m。

完成図はこちら
2018年【TH12】お手本のような偏らせ系の対戦用配置

施設を偏らせたTH12の全壊対策陣

タウンホール側にはアチャ塔&ウィズ塔、反対側は対空砲&大砲とセットにすべき防衛設備を偏らせて配置しています。

中心部は攻撃側がまず壊したいイーグル砲・インフェルノタワー・ヒーロー、そして区画を別に入れたテスラの森。防衛設備を偏らる見本のような配置です。

この手の配置はハイブリッド戦術が有効なのでしょうが、メジャーな強編成を見事に防衛していました。

ユニットの動きを確認

リプレイ動画では9時~12時の面出しラヴァル。防衛援軍のベビドラもパピーで処理して大きなミスもありませんでしたが破壊率73%の星1つで終了。配置を褒めるしかないアタックでした。

ラヴァル

通称LavaLoon。ラヴァハウンドとエアバルーンを用いた空攻めの全壊戦術。掃除役にガーゴイルを加えるのでラヴァルガゴとも言われる。ラヴァハウンドが使えるようになるTH9以降の戦術。

2本目のリプレイは9時~12時のサービス終了編成。グランドウォーデン含め多くのユニットが12時方面から外周へ逸れていきます。2時方面から再び中に入りますが火力が分散されたユニットで撃破できず87%の星1つで終了しました。

サービス終了編成

ジャイアント・ネクロマンサー・ボウラーを面出しするだけの全壊戦術。簡単で全壊率が高い為「クラクラのサービス終了」と言われ話題なった。

THの反対側から攻める定石を覆すような配置です。

コメント